写真

戸山ハイツの健康、医療、介護などの相談拠点『暮らしの保健室』で行われている“からだに優しい食事会”。1人500円

高齢者の独居は増える一方だ。高齢者を対象にした大規模疫学調査によると、ひとりで食事をする“孤食”は欠食、野菜やくだものの低摂取頻度、肥満、低体重、うつ、さらには死亡にも関連するという。 家族と同居していても、生活サイクルの違いなどで、孤食になる高齢者も少なくないというが、住居や生活形態の面から孤食問題を解決するのは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング