写真

記者会見で頭を下げる関西電力の八木誠会長ら(時事通信フォト)

高浜原発のある福井県高浜町の元助役・森山栄治氏(2019年3月死去)から関西電力経営幹部が総額3億2000万円相当の金品を受け取っていた問題で、同社の八木誠会長の辞任が発表された(10月9日)。 これまで、森山氏が過去に地元で力を持つ人権団体に籍を置いていたことや、関電内で「Mさん」と呼ばれ、原発誘致の際に地元のまとめ役を担っていたこと等が報じられてきたが、金銭受領の流れや、彼が関電に食い込んだ経緯を含めて、いまだ謎は多い。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング