写真

伏兵から本命へ(時事通信フォト)

来年1月の箱根駅伝で、優勝候補となる、“ダークホース”が現われた。10月14日の出雲駅伝は、前々日に台風19号が東日本を直撃したため、関東の出場大学が現地入りの日程やルートを変更するなど、異例の状況での開催となったが、大会を制したのは、過去10位が最高の国学院大だった。4位でタスキを受けた最終6区の土方英和(4年)が区間賞の快走で37秒差を逆転してみせた。 前日夜のラグビー日本代表戦を取材後、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング