ぶっちぎりで優勝した巨人軍。強さとともに目立ったのが原辰徳監督の珍発言なのだが、今となっては、わからないのは言葉だけではない。 移動の際の新横浜駅でのこと。ホームに上がると停まっていたのは、ドクターイエローと呼ばれる黄色い車体の新幹線。鉄道マニアの間では“見れば幸福になる”との都市伝説もある線路点検用車両だった。この車両が若大将の中の“何か”に触れた。 「黄色い新幹線だ!」 突然はしゃぎ始めた54歳に記者たちは仰天。この人にはこんな趣味があったのか。ともかく、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング