写真

認知症になる人にはどんな特徴がある?

特効薬のない「新たな国民病」である認知症だが、毎年の健康診断だけでは対応が遅れるリスクがある。そこで注目したいのが、日々の「口癖」だ。 認知症になりやすい人の性格的特徴について、日本でも研究が進められている。その先鞭をつけたのが、1990年に東京都老人総合研究所副所長(当時)の柄澤昭秀博士が発表した論文だ。認知症の高齢者165人と健康な高齢者376人の40~50歳当時の性格を近親者から聞き取っている。 「明るい・開放的」「劣等感を持ちやすい」「愛想がない」など40項目のチェックリストを使い、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング