写真

消費やビジネスの広がりを期待して、主にインバウンド需要を目当てにナイトタイムエコノミー(夜間経済)に注目が集まっている。インバウンドだけでなく国内需要もあると見込んで、夜間に商機を見出す地方鉄道が出現している。ライターの小川裕夫氏が、夜景列車や星空列車の取り組みについてレポートする。 *** 2021年春のダイヤ改正をメドに、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング