写真

溝口敦氏(左)と鈴木智彦氏

日本社会の抱える高齢化が、最も進んでいるのがヤクザかもしれない。山口組分裂抗争に関連して世間を騒がせた2つの出来事──対立する神戸山口組組員2人を六代目山口組組員が射殺した事件、その六代目山口組のナンバー2にして“抗争最大のキーマン”とされる高山清司若頭の出所、奇しくもその2人が、68歳と72歳という高齢者であった。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング