写真

名作『おしん』の秘話を明かす橋田壽賀子氏(撮影/森浩司)

1983(昭和58)年、NHK連続テレビ小説『おしん』は、最高視聴率62.9%を記録、「オシンドローム」と呼ばれるほどの大反響を呼んだ。今年4月から再放送され、また話題になっている。脚本家・橋田壽賀子(94才)による骨太の構成といい、俳優たちの演技といい、古さを感じさせないどころか、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング