写真

アフガニスタンの首都カブールでの追悼集会(AFP=時事)

アフガニスタンや日本だけでなく、世界中からその死を悼む声があがっている。12月4日、アフガンで人道支援に取り組んできた日本人医師の中村哲氏(73)が現地を移動中に銃撃され、死亡した。同国で長期にわたり取材活動を続けた報道カメラマンの横田徹氏も、中村医師の活動を間近で見続けた一人だ。横田氏が思いを綴る。 *** 突然の訃報に驚きを禁じ得ない。長い戦乱が続くアフガニスタンで現地住民のために農業支援や医療支援を行うNGO「ペシャワール会」の現地代表・中村哲医師が殺害された。 報道によると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング