写真

市民は怯えながら暮らさなければならないのか(写真/AFLO)

尼崎市の商店街で自動小銃をぶっ放し、神戸山口組の幹部を殺害したヒットマンは、夕刻の犯行だったこともあって多数の住民に目撃されていた。 目撃者たちは誰もがひどく怯えていた。暴力団同士の殺し合いは実話誌のヤクザ記事によって一種のエンターテインメントとして消費される。が、血と硝煙の匂いが漂う現場にはリアルな恐怖しかない。 「車のバックファイヤーみたいな、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング