写真

マスクは「着け方」が大事

インフルエンザウイルスは「接触」や「飛沫」によって感染するが、意外と知られていないのは、「予防接種は『感染』を防げない」という事実だ。 日本感染症学会インフルエンザ委員会委員で東京病院統括診療部長を務める永井英明医師が解説する。 「インフルエンザの『感染』とは、ウイルスが口や鼻から体内に入り増殖する状態を指します。感染後、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング