写真

アラカン記者・オバ記者が「体罰」「しつけ」について考えを語る(写真/アフロ)

体当たり企画などでもおなじみの『女性セブン』の名物ライター“オバ記者”こと野原広子(62才)が、世の中で話題になっていることに、自由な意見をぶつける。今回のテーマは「役所が定めようとする“体罰”は、世間とかなりズレている」だ。 *** ホント、役所のやることにはピント外れが多いけど、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング