写真

2022年の北京五輪では圧勝か(共同通信社)

封印していた4回転ルッツを2年ぶりに成功させ、演技終了後は氷上にうずくまりしばらく動けなかった。すべてを出し切ったが、ライバルには及ばなかった。羽生結弦選手(25才)の「キャリアの終焉」をささやき始めたメディアもある中、本人はそれでも前を見据えていた──。 「今に見とけよって感じ」、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング