写真

大塚家具の大塚久美子社長(左)とヤマダ電機の山田昇会長(時事通信フォト)

経営再建中の大塚家具が家電量販店大手、ヤマダ電機の傘下入りを表明した。第3者割当増資を行い、43億円を調達。ヤマダ電機は過半数の株式を取得するという。大塚久美子社長はそのまま続投することになっているが、これまで経営権を巡って激しい親子ゲンカを繰り広げたり、業績を悪化させたりと経営手腕に疑問符がついてきただけに、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング