写真

諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師

今より食糧事情が悪かった時代でも、長生きをした人はいる。健康に気を遣っていたことで知られる徳川家康は73歳まで生きたが、豊臣五大老の一人だった宇喜多秀家は関ヶ原の戦いに敗れて八丈島へ流されたにもかかわらず84歳まで生きた。諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師が、備前宰相・秀家はなぜ長生きだったのかについて語る。 *** 歴史上の人物で、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング