写真

2017年8月15日「光復節」の演説に“それ”は仕掛けられた(EPA=時事)

在日アメリカ人として、日米両国の書籍や資料から「20世紀の歴史の真実」を解き明かそうと精力的に活動するケント・ギルバート氏。去る2019年に日韓関係が「史上最悪」と言われるまで悪化した理由を考えると、文在寅大統領が就任後はじめて行なった「光復節」の演説に行き着くとケント氏は指摘する。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング