写真

週刊ポストは逃亡直前に接触していた(写真はレバノンでの単独インタビュー時)

レバノンの首都・ベイルートでの会見(日本時間1月8日)で、世界に向けて自らの考えを表明した日産元会長のカルロス・ゴーン氏。日本を出国した12月29日から遡ること9日前、本誌・週刊ポストはゴーン氏に対して直接取材交渉を行なっていた。場所は同氏が保釈生活を送っていた東京都港区の住居である。 2階のリビングに現れたゴーン氏は濃厚のジャケットにノーネクタイのワイシャツ姿。ゴーン氏は今後取材を受けるかどうかを検討する前提として、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング