写真

各項目が何を調べているのか把握する必要がある(写真/AFLO)

健康診断を受診する際、定番の血液検査と尿検査では、「リスクの見落とし」が発生する。 尿の生成と排泄を司る腎臓の検査では、主に尿にたんぱくが漏れ出る「たんぱく尿」と、腎臓の老廃物ろ過機能を示す「eGFR」を調べる。北品川藤クリニック院長の石原藤樹医師が指摘する。 「ごく初期の慢性腎臓病では、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング