写真

順天堂大学医学部教授・小林弘幸医師

医者は患者に健康を説く立場だが、必ずしも自らの健康管理を徹底できているとは限らない。 自律神経研究の第一人者で、ベストセラー『医者が考案した「長生きみそ汁」』(アスコム)の著者である順天堂大学医学部教授・小林弘幸医師もまさにそう。つい深酒や大食いをしてしまうこともあるという。それでも小林医師が健康を保てる秘訣は「不摂生をリカバリーできる習慣を知っているから」だ。新刊『不摂生でも病気にならない人の習慣』(小学館)も話題の小林医師がいう。 「私は背油たっぷりのこってりラーメンが大好きで、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング