写真

命にかかわる治療も(写真/AFLO)

国立病院機構大分医療センター(大分市)で発生した新型コロナウイルスの集団感染(クラスター)では、患者の転院先の医療機関でも感染が確認され、休診する病院が相次いだ。 その中でも、大分岡病院(大分市)では予定されていた手術を可能な限り延期すると発表した。きくち総合診療クリニック理事長の菊池大和医師がいう。 「集団感染が起きた医療機関では、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング