写真

津波被害を受けたJR大船渡線線路跡を走るBRT(バス高速輸送システム)(時事通信フォト)

近年、災害によってインフラが破壊されることが増えている。とくに鉄道は、その老朽化もあり、どのような形で存続するのか、それとも廃止を選ぶのか決断を迫られることも多い。豪雨で被災したJR九州・日田彦山線と沿線地域で始まっている、新しい公共交通機関として注目を集め導入例が増えているBRT(バス高速輸送システム)への転換の試みなどについて、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング