写真

米中逆転が現実味を帯びてきた(イラスト/井川泰年)

新型コロナウイルスの感染は世界で第一波の嵐が過ぎ、第二波、第三波、そしてアフター・コロナを念頭においた社会や経済の模索が始まっている。経営コンサルタントの大前研一氏が、アフター・コロナ時代を生き抜くため、世界情勢のリスクの読み方を考察する。 *** 「アフター・コロナ(コロナ後)」の日本企業は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング