写真

柔道金メダリストの斉藤仁さんが最後に残したメッセージとは(共同通信社)

遺言書が見つからない、相続財産の分配で遺族が衝突する、遺産が把握できない…故人の亡き後、さまざまな理由で“争続”は起こる。 愛する家族がトラブルに巻き込まれないためには、最後の責任として「遺言書」を残すことがいちばんだ。しかし、死を前にしながら“最後のメッセージ”を残すのは、簡単なことではない。師弟関係で結ばれる親子の間では最後にどのような言葉が交わされたのだろう。 1984年のロサンゼルス五輪、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング