写真

3大都市圏に出店数が多く、コロナの影響も大きく受けたファミリーマート

全国で5万5000店超の店舗数となり、頭打ち感が出始めているコンビニエンスストア。コロナ禍の今後はますます真価が問われそうな情勢だが、主要コンビニチェーンの中で唯一元気がないのがファミリーマートだ。その要因はどこにあるのか。ジャーナリストの有森隆氏がレポートする。 *** ローソンと生活雑貨「無印良品」を展開する良品計画が提携し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング