写真

史上最年少タイトル獲得を目指す藤井聡太七段(時事通信フォト)

17歳の高校生プロ棋士・藤井聡太七段の快進撃で、将棋が脚光を浴びている。7月9日の棋聖戦第3局で渡辺明棋聖(三冠)に勝てば、史上最年少のタイトル奪取となり、再び藤井フィーバーが起きるのは間違いない。そんな将棋界の人気ぶりについて、ジャーナリストの山田稔氏がレポートする。 *** 藤井七段が絶好調だ。初のタイトル挑戦となった棋聖戦では、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング