写真

映えスポットが消える(時事通信フォト)

としまえん(豊島園)は1926年、室町時代の豊島氏の居城跡(練馬城址)にレジャー施設として造られた。開園当初はウォーターシュートが人気を博していたという。園内には野球場やテニスコート、50mプールなど運動施設があり、戦後は、戦災孤児や家族向けレクリエーション、企業運動会などにも利用された。 高度成長期には乗り物やプールを増やし、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング