写真

注目を集める「レムデシビル」(写真/AFP=時事)

感染者数が再び急増するなかで、一刻も早い“特効薬”の登場が待たれる。その望みを託される「レムデシビル」だが、なんと1人治療するのに約25万円かかるという──。 新型コロナには有効な治療薬がないゆえ、世界中で猛威を振るう。そんな状況に光明をもたらすと期待されるのが、米医薬大手ギリアド・サイエンシズが開発した「レムデシビル」だ。銀座薬局の薬剤師・長澤育弘氏が指摘する。 「もともとはエボラ出血熱の治療薬として開発された抗ウイルス薬です。新型コロナのようなRNA型ウイルスの複製を抑制する働きがあります」 “夢の治療薬”に世界中が飛びついた。5月初めにアメリカが新型コロナ患者への緊急使用許可を出すと、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング