写真

海岸に漂着するプラごみに占めるレジ袋の割合は0.3%に過ぎないとの指摘がある(AFP=時事)

7月1日から全国のスーパー、コンビニでレジ袋(ポリ袋)が有料化された。改めてその目的を確認すると、〈海洋プラスチックごみ問題、地球温暖化などの解決に向けた第一歩として、プラスチック製買物袋の有料化を通じて、マイバッグの持参など、消費者のライフスタイルの変革を促すこと〉だという(経済産業省「レジ袋有料化Q&Aガイド」)。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング