写真

黒澤作品のようなスケールの大きな映画も観たい…(写真/AFP=時事)

新型コロナウイルス騒動により、政治や経済のみならず、エンターテインメント界にまで停滞感や閉塞感が漂っている。ノスタルジーに浸るつもりはないが、昭和の日本映画界を築いた黒澤明氏が今の時代に生きていたら、このコロナ禍をどう乗り切っただろうか──。元東映惹句師の関根忠郎氏が黒澤氏の功績を振り返りながら想像した。 *** コロナ前まで、 [全文を読む]

×


トピックスRSS

ランキング