写真

ポスト安倍として注目される岸田・自民党政調会長(写真・時事通信フォト)

安倍晋三・首相の“応援団”だった読売新聞や産経新聞がポスト安倍として岸田文雄・自民党政調会長を持ちあげだすなか、安倍首相自身にもこれまでのような自信や、やる気が感じられないといった声も出ている。 安倍首相には、早めに身を退いて“後継指名”の力を残し、岸田政権下での憲法改正の道筋をつけて歴史に名を刻むシナリオもありそうだが、政治アナリスト・伊藤惇夫氏はそれさえ皮算用に終わりかねないと指摘する。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング