写真

上野公園の西郷隆盛銅像(昭和初期) 共同通信社

西郷隆盛の人物像といえば、「度量が非常に大きく、仁愛に富んだ類い希な人格者だった」「栄達を極めたにもかかわらず、清廉潔白な人柄だった」といったイメージが一般的だ。 一方で、「豪傑肌ではあったが、度量が狭かったため敵も多かった」「血気にはやるあまり、協調性に欠ける頑固者だった」といった人物評が、若い頃からの西郷を知っている同郷の薩摩藩士・重野安繹らの証言として残されてもいる。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング