写真

岡山駅で売られている「祭ずし 極」

ここ1年で販売された駅弁の数々を見ると、米沢牛に豊後水道の鰆……と素材も上等なら、鮭の焼漬にジンギスカン……と名物の郷土料理も詰め込まれている。内容はもちろん、容器や掛け紙、盛り付けも綺麗で、まるで料亭か高級百貨店の料理弁当のよう。現在の駅弁は、昭和的郷愁やレトロなイメージには収まらない新しい路線を歩み始めている。 街弁やコンビニ弁当、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング