写真

精神科医の和田秀樹先生が“名物教育ママ”佐藤亮子さんと対談

東大の合否を分ける壁は、「5才までの幼児教育」にあった――新刊著書『「東大に入る子」は5歳で決まる』(小学館)でそう説いた精神科医の和田秀樹先生が、子供4人を全員東大理IIIに現役合格させた“名物教育ママ”佐藤亮子さんと対談するとなれば、盛り上がらないはずがない。アンチ学歴至上主義もなんのその、幼児期の詰め込み教育の重要性をテーマとした対談が実現した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング