【書評】『日航123便墜落の新事実目撃証言から真相に迫る』/青山透子・著/河出書房新社/1600円+税 【評者】大塚英志(まんが原作者) web上に溢れる、いわゆる「陰謀説」の一つに日航123便墜落事故の「真相」が自衛隊による誘導弾の誤射が発端であり、「圧力隔壁説」はその「隠蔽」のために捏造された、という主張がある。 航空機事故に限らず、大きな悲劇の背後に重大な事実が隠蔽されているというのは「陰謀説」の定形だが、本書はその種の陰謀説から慎重に距離をとりつつ、誤射説を含む自衛隊の関与や政府による隠蔽の可能性を示唆する。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング