写真

今オフのFA市場の目玉の一人、西武の牧田和久(写真:時事通信フォト)

読売ジャイアンツは、タイトル歴のある有名選手を巨額の年俸で次々と補強することで戦力アップを試みてきた歴史を持つ。今季は11年ぶりにBクラスに沈み、初めてクライマックスシリーズ進出を逃したものの、シーズン前には“総額30億円”ともいわれる大補強を敢行していた。打者では陽代鋼、投手では森福充彦と山口俊を獲得。陽も山口も期待外れの結果に終わったが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング