写真

ワクチン接種に不安が(写真:時事通信フォト)

冬を待たずしてすでにインフルエンザが流行の兆しを見せている。厚労省の発表では、9月のインフルエンザ患者数は3895人で2016年の約2倍となっている。全国の小中学校でも3校の休校、17の学年閉鎖、57の学級閉鎖が出ている(10月8日時点)。 日本とは季節が真逆の南半球、特にオーストラリアでもインフルエンザが大流行している。豪政府の統計によれば、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング