写真

香港の元トップの発言が波紋

香港のトップである行政長官を今年6月末まで務めた梁振英・中国人民政治協商会議(政協)副主席が今月初旬、香港で行われた講演で、「国家による殺人は法を犯したことにはならない」などと発言したことが明らかになった。米政府系報道機関「ボイス・オブ・アメリカ(VOA)」は「アッと驚かせるような意見を時々開陳する梁氏だが、今回は本当に驚いた」と報道。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング