写真

部屋の継承にも様々な形がある(共同通信社)

日本相撲協会では、2年に一度の理事選が近づくと、存在しながら誰も襲名していない“空き株”を襲名するためにベテラン力士の引退が相次ぐのが慣習だ。ただし、引退した力士が親方となった時、自らの意思で理事選に「1票」を投じられるとは限らない。「借株」という慣習の存在が、事態を複雑にする。 「相撲協会が2014年に公益財団法人化された際、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング