写真

胃の切除を最小限に抑えられる治療法を解説

胃がんは内視鏡の進歩などで、早期での発見が約7割となっている。さらに大きな原因の一つであるピロリ菌の除去が広がっており、胃がんでの死亡率は減少傾向にある。 胃がんの進行度合いは、がんがどこまで進行しているか、その深さで決まる。胃は粘膜と粘膜下層、固有筋層、漿膜下層、漿膜の5層の構造で、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング