写真

2通の意見書が存在する(写真:JMPA)

2018年の大相撲初場所は、白鵬と稀勢の里の2横綱が連敗から休場となるなど、大荒れの様相だ。荒れているのは土俵の上だけではない。場所後の相撲協会理事選をめぐり、親方衆の暗闘が繰り広げられている。 全親方の約3分の1である32人もいる学生力士出身の親方衆には、現行体制に不満を持つ親方も多いとされ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング