写真

露骨な日本潰しにあった荻原健司(時事通信フォト)

「金」にこそ届かなかったものの、渡部暁斗が平昌五輪ノルディック複合・個人ノーマルヒルで2大会連続銀メダルを獲得したことは、度重なるルール改正に苦しんできた日本の復権を意味する快挙だろう。 冬季五輪の第1回大会から続く伝統競技であるノルディック複合にあって、日本は1992年アルベールビル、1994年リレハンメルの両五輪で団体金メダルに輝いた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング