写真

米朝会談はトランプ氏の目論見通りに進むか(写真:AFP=時事)

トランプ米大統領が北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の提案に応じ、史上初となる米朝首脳会談を開く意向を明らかにしている。報道によると、北朝鮮には非核化の意志があるということだが、果たしてアメリカの目論見通り進むのだろうか。トランプ大統領はティラーソン国務長官を更迭するなど、対北朝鮮外交には暗雲も漂い始めている。近著に『日本の情報機関は世界から舐められている』(潮書房光人新社)がある元自衛官で朝鮮半島問題研究家の宮田敦司氏がレポートする。 *** 今回のトランプ大統領に対する金正恩の提案は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング