写真

諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師

iPhoneが2007年に米国で発売され、すでに10年以上が経っている。日本でもスマートフォンの普及率は急速に上昇し、2016年時点で71.8%にのぼる。性別、年齢問わずスマホを手に画面に見入る姿が珍しくなくなったが、一方で依存症も確認されるなど問題も出てきた。諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師が、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング