写真

なぜ簡単に断言するのか(時事通信フォト)

「政治家は言葉が命」といわれる。その“命”を粗末に扱って批判を浴びているのが“失言王”こと麻生太郎・財務相兼副総理だ。 「セクハラ罪という罪はない」「はめられたんじゃないか」「どの組織だって改竄はありえる話だ」 放言三連発。そのたびに国会で謝罪し、発言撤回に追い込まれた。しかし、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング