写真

会見で謝罪する千葉大病院の院長(時事通信フォト)

いまやCT(コンピューター断層撮影)やMRI(核磁気共鳴画像法)などの画像診断は、医療界において欠かせない。一方で、多くの患者を抱える大病院で「画像診断の見落とし」が起きていたことが明らかになっている。医療事故の分析などを行なう「日本医療機能評価機構」によると、画像診断報告書の確認ミスは2004~2013年の10年間で17件報告されていたが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング