写真

製薬会社と医師の関係は…(写真はイメージ)

当たり前のことだが、患者に処方される薬は、医師の判断によって決まる。医師には患者が飲む薬を決める“権限”があるのだ。 だからこそ、医師と製薬会社との間には中立性と客観性が必要になる。製薬会社から医師に何らかの利益が供与されていれば、「見返りとして、特定の薬を患者に処方するのではないか?」との疑念が生じる。 2013年には「ディオバン事件」が発覚した。この事件では、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング