写真

「どこも一緒」ではない

約5万8000店──日本全国にある薬局数だ。いまやコンビニ(5万5000店)をも凌ぐ。そうした“乱立状態”が、「危ない薬局」を生み出しているという指摘も多い。 7月下旬、京都大医学部附属病院の院内薬局に薬剤師として勤めていた男女2人が、調剤ミスで60代の女性患者を死亡させたとして、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング