写真

現代史家の秦郁彦氏

皇太子時代に“君臨すれども統治せず”という在り方に接した昭和天皇は、明治憲法下で立憲君主であろうとした。だが、二・二六事件で反乱軍の鎮圧を命じたり、終戦の聖断を下さしたりと例外的な事例もあった。新憲法下でも、マッカーサーとのトップ会談に計11回も臨んだ。では、日本が独立を回復してからはどうか。現代史家の秦郁彦氏が解説する。 *** サンフランシスコ講和条約の発効によって占領期が終わり、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング