写真

キャラ変更が許せないという(共同通信社)

尾木ママこと教育評論家・尾木直樹氏(71)は、実際の年齢だけで機械的に役割を色分けする文化に異を唱える。 「ボクはね、尾木ママのキャラでずっとやってきたでしょ。だからバラエティに出るときはいわゆるオネェ枠で出演を依頼されることが多かったんですよ」 ところが、70歳を超えた昨年から状況が変わってきたのだという。 「明らかにオネェキャラでの出演依頼が減って、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング