写真

アルツハイマー型認知症には、進行ステージが

親が認知症になると、本人だけでなく家族の困惑も大きい。もの忘れや生活上の失敗など、目に見える変化はどうしても気になるし、接し方に戸惑ってイライラが募り、思わず声を荒らげてしまうこともある。 悲しく切なく、親とはいえ、遠い存在に思えてしまうのも、正直な気持ちだ。50代。同年代の間でも“親が認知症に”という人が多い。そう遠くない将来には当事者になる可能性もある。だからこそもっと身近なこととして知りたい。 認知症診療の第一人者、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング